引っ越し業者の決め方|選び方

失敗しない引越し業者選びの方法

【失敗しない引越し業者選びの結論】

・引越し一括見積もりサイトで一括見積もりをし、料金が安い2、3社からしぼりこみをするのが最も失敗しない方法です。
▼引越し一括見積もりサイトはこちら

 

元引越し業者(高橋)の解説

引越しが決まったら、引越し業者を決めなくてはなりません。しかしまたこれが面倒なんですよね。無数にある引越し業者から一つの業者を選ばなくてはなりません。引越し準備以外にも仕事やら家事やらで忙しいのに、いちいち引越し業者に電話して見積もりなんてとってられませんよね・・・

 

また、料金のぼったくりも心配です。全く同じ引越し内容でも依頼する業者により料金が5万円、10万円差が出る場合もあります

 

さらに、依頼する業者が悪いと、引越しの荷物が壊されたり紛失されてしまったりといったことも起こります。運が悪かったでは済まされませんよね・・・

 

ですが、そういったたくさんのトラブルを防ぐ方法もあります。元引っ越し業者(A引越しセンター)で、自分自身も6回の引越し経験がある私(高橋)がその方法を皆さんに説明していきます。これにより引越しで失敗してしまう人を少しでも減らせればと思っています。

 

面倒な見積もり依頼はいっきに片付ける

まず面倒なのが見積もり依頼ですよね。最低でも3社に見積もりを依頼するとしても、3回電話をかけなくてはなりません。また同じ内容(名前、住所、電話番号、荷物内容等)を3回別の人に伝えるのは本当に面倒です。

 

で、これに関しては、一括で3〜5社に見積もり依頼をできるサービスがあるので、それを無料利用してしまうという方法があります。こういった方法を使って3〜5社に見積もりを依頼し、料金をくらべることはもはや常識というか、多くの人は知っていることかもしれませんが(^_^;)

 

例えばこういったサイトから無料で一括見積もりが可能です。
引越し価格ガイド こちらは上場企業の株式会社エイチームが運営するサービスです。

 

ただ、こういったサービスにも良い点と悪い点があります。これからそれを説明していきますね。

 

(良い点)
・3〜5社から見積もり金額の連絡がくるので、一番安い業者をすぐ見つけることができる
・他の業者の見積もり金額をもとにした値引き交渉がしやすくなる。
(悪い点)
・一括見積もり依頼をするとすぐにいくつかの引越し業者から見積もり金額の電話が来る。

 

良い点に関しては、やはり引越し料金が安い業者をカンタンに見つけることができる点ですね。また、値引き交渉がしやすくなるという点もあります。これだけで1万円〜10万円程度の節約も可能になる場合もあります。

 

仮に10万円節約できたら新しい冷蔵庫とかパソコンなんかも買えちゃいますね(笑)
そして、悪い点に関しては、引越し業者も契約を取るために必死なので、いっきにメールもしくは電話がかかってくるという点ですね。ただこれに関しては、値引き交渉をするチャンスでもあり、電話が嫌いな人であれば電話を無視してメールでやりとりするという方法もあります。ですので、そこまで気にする人は多くないです。

 

私自身の引越し体験談

私自身、2年前に中古マンションを購入したため引っ越しました。その際に、マンションからはできるかぎりS引越センターを使うよう言われていたので、S引越センターに見積もりをお願いしました。

 

引越プランは午前中か午後かフリーで、フリーは開始時間が定まっていない分安いと言われ、結構プッシュされました。我が家は小さな子供がいるので時間が決まらないのは厳しいから午後一番でお願いしたいと話したところ、希望通りの時間で約束してくれました。

 

他にもダンボールや準備など、こちらの質問に対しなんでもOKという感じで、ずいぶん気前の良い会社だなと思いました。引越日は4月7日で繁忙期なので本当なら15万ほどだけど、今日即決してくれるなら7万で引き受けますと言われました。

 

元々S社にお願いするつもりだったので契約をしたんです。その日の晩、妻に見積もりを見せて説明をしたところ、問題なさそうだけど一応他の業者にも見積もりをしてもらって大体同じようならS社にしようという話になりました。

 

翌日アート引越センターに連絡し、見積もりに来てもらった際にS引越しセンターの見積もりを見せました。

すると、アートの営業さんはS社の見積もりを見て、「本当に午後契約ですか?見積もりの時間欄が空白なので多分フリーの契約になってますよ。すぐに電話で確認した方が良いですよ」と言われその場でS社に電話をしたら受付の女性が応対し、フリー契約で登録されていることがわかりました(笑)

 

S社の営業さんとの話をアートの営業さんに話したところ、「おそらくダンボールの個数もそんなにもらえないですよ。S社の営業にきちんと確認した方が良いですよ。もしもS社をやめてアートと契約するなら午後一番で同じ値段で引き受けます。ダンボールや靴・皿ケースもこのカタログ通りの個数を用意します」ということだったのでアートと契約することにしました。

 

そしてS社の営業さんに電話をし、「うちは子供がいるからフリーは無理だって言いましたよね?ダンボールはいくつ用意できるんですか?」などと質問をしたところ
契約前の話とは全然違うことを言われました。あまりにも見積もりと契約内容が違うので契約破棄し、アートにお願いしましたが、アート引越センターはとにかく対応が良く、引越当日もとても気持ちよく引っ越しができたので結果的にはとても満足しています。

 

こんな感じでやはり複数社を比較しないとぼったくりのような目にもあいかねないんです・・・
結論としてはやはりまずは引越し価格ガイドのような一括見積りサイトを試してみることが何よりおすすめで、損をしないですよ!ってことなんです。

 

 

 

 

>>次回予告  引っ越し断捨離のコツは?